ゆとり理系のgdgdブログ

.com.comです。 ここでは自分の日々の思いや出来事、知識などを紹介していくブログです。

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01 管理画面

プロフィール

.com.com
Since 10/04/10

主な活動内容

  • YouTube実況者(.com.com名義)
  • YouTube実況者wiki管理人(2代目)
  • Visitors

    あなたは人目の訪問者です。 (Since 10/09/09 19:15)

    活動場所リンク

    YouTube 実況メイン
    Stickam 生配信メイン
    Twitter
    Twitter(チャンネル用)
    Justin.tv
    Ustream

    ブロとも申請フォーム

    ブログリンク

    ※★は相互リンクです。
    ※●はYouTube実況者以外のオススメブログです。(●がなければ実況者です。)
    ※*はFC2ブログでないブログ(Amebloなど)です。
    ※◆はこちらをご覧ください。
    ※2012年以降更新がないブログは最下部にまとめて畳んでいます。

    Channel Info

    チャンネルの最新情報はこちら!

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    洞窟物語セリフbotから学ぶ英語表現 第5回

    洞窟物語セリフbotから学ぶ英語表現、第5回はこちら。



    対応訳
    あ!
    これ…もしかして No.00 !
    この卵があれば
    この島から脱出できる!
    卵の状態は正常!
    ようし!
     (スー)

    単語
    condition状態
    get off離れる
    awsome素晴らしい


    ワンポイント
    タマゴNo.00で目が覚めたスーがタマゴに気付いたときのセリフ。

    "This is it."という表現があります。
    これは、日本語で言うと「ほら、これこれ!」「これだ!」という意味です。
    これにmustが付いた"This must be it."だと、「きっとこれに違いない!」という意味になります。
    ここでは、スーが事前にタマゴNo.00の話を(多分カズマから)聞かされていて、「きっとこれのことだ!」という意味で言っています。

    ちなみに、"That's it."という表現もあって、これは相手の出したものに対して「そう、それのこと!」という意味です。

    どれも表現はシンプルですが、結構使い勝手のいい表現です。
    関連記事

    COMMENT▼

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    TRACKBACK▼

    http://tkcomcom1is.blog58.fc2.com/tb.php/594-bc020f49

    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

     | ホーム | 

    検索フォーム

    記事クイックジャンプ

    QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。