ゆとり理系のgdgdブログ

.com.comです。 ここでは自分の日々の思いや出来事、知識などを紹介していくブログです。

03<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>05 管理画面

プロフィール

.com.com
Since 10/04/10

主な活動内容

  • YouTube実況者(.com.com名義)
  • YouTube実況者wiki管理人(2代目)
  • Visitors

    あなたは人目の訪問者です。 (Since 10/09/09 19:15)

    活動場所リンク

    YouTube 実況メイン
    Stickam 生配信メイン
    Twitter
    Twitter(チャンネル用)
    Justin.tv
    Ustream

    ブロとも申請フォーム

    ブログリンク

    ※★は相互リンクです。
    ※●はYouTube実況者以外のオススメブログです。(●がなければ実況者です。)
    ※*はFC2ブログでないブログ(Amebloなど)です。
    ※◆はこちらをご覧ください。
    ※2012年以降更新がないブログは最下部にまとめて畳んでいます。

    Channel Info

    チャンネルの最新情報はこちら!

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Oracle Master Bronze 受験体験記

    今日、Oracle Master Bronzeの試験の片一方を受けたので、その受験体験記をちょっと書こうと思います。
    もう片方はこちら。

    ●受験の申し込み

    基本的な情報はオラクルマスターへの道というサイトがありますので、そちらをご参照いただくと早いと思います。
    ざっくり言うと、試験問題を提供するオラクルと、試験を代行で行うピアソンVUEの2社が関わります。
    なので、オラクルとピアソンVUEの両方でアカウント登録をする必要があります。

    最初に試験会場を予約しますが、Bronzeには日本語の試験と英語の試験があるので、間違えないようにしましょう。
    JPNというコードが付いているものが日本語の試験です。
    (1Z0-061-JPNとか、1Z0-065-JPNとか。)

    試験の申し込みはピアソンVUEで行いますが、方法としては以下の3パターンがあります。
    ・ピアソンVUEに直接受験料を支払って、試験を予約する
    ・オラクルで受験チケットを買い、ピアソンVUEでそのチケットのコードを入力して、試験を予約する
    ・楽天で受験チケットを買い、ピアソンVUEでそのチケットのコードを入力して、試験を予約する

    バウチャーという表記もありますが、分かりにくいのでチケットという表記で統一します。

    1番目は手続きが一番楽です。(オラクル社を介さないため。)
    申し込みの際にはクレジットカードの情報を入力する必要があります。
    また、団体で受ける場合はこの方法は適しません。

    2番目は割と一般的な方法です。
    団体で受ける場合はこの方法を使います。この時、銀行振り込みかクレジットが使えます。
    個人で受ける場合はクレジットカードでしか申込みできません。

    3番目は申し込み方法が柔軟でしかも割安な方法です。
    チケット購入の際、クレジットカードの他、コンビニ前払いもできます。
    また、Bronze試験の場合、合計で3000円ほど安くなります。
    クレジットカードを持っていない学生さんとかはこの方法がオススメです。

    Bronzeの受験費用は税抜きで合計40200円です。
    ちょっと分かりにくいのですが、SQLの試験は会場受験でも「オンライン試験用」のチケットを使うことが出来ます。
    なので、2種類のチケットを購入しましょう。

    残りの基本的な流れはリンク先のサイトを見るかピアソンVUEから届くメールを見てください。

    ●受験前の準備

    特に気を付けたいのが身分証。身分証明となる書類が2種類必要です。

    ・顔写真が入った公的証明書 (免許やマイナンバーカードなど)
    ・顔写真が入った組織所属の証明書 (学生証か社員証)
    ・本人サイン入りの証明書 (キャッシュカードやクレジットカードなど)

    のうち2種類必要です。

    使えると思っていたものが使えない場合もあるので、予備の証明書なども用意した方が無難です。
    (僕はみずほ銀行のキャッシュカードを出しましたが、「署名がないので使えない」と言われてしまいました。なので、クレジットカードで代用しました。)

    ●会場に着いてから受験開始まで

    まず、受付で身分証を見せ、書類にサインします。
    そして、スコアレポートで使う写真を撮影します。まさかのWebカメラだった。
    その後、荷物を預けます。ポケットの中身も全部出し、腕時計も外して全部ロッカーに入れます。凄い徹底的です。
    その後、ロッカーの鍵と写真入りの身分証を持って受付へ。
    そこで、ホワイトノートというA4サイズよりも少し縦長のラミネート加工されたメモ帳1枚と水性マジック2本を貰って会場に入ります。

    席に着いたら説明を受けて、画面の説明を読んで試験開始です。
    試験開始は好きなタイミングで行えます。
    防音用のヘッドセットがあるので、使いたい人は使いましょう。

    ●受験中

    受験前の画面でも説明されていますが、選択肢の文章を右クリックすると選択肢を消すことができます。
    また、自信がない問題は右上にチェックを入れることで後で見直しができます。
    この2つの機能は結構便利です。

    問題を一通り終わったら、チェックした問題や未回答の問題が一覧で出てくるので、そこから見直しを行うことができます。
    左下には「未回答レビュー」「チェックレビュー」みたいなボタンがあって、これらの問題のみを見直すこともできます。

    制限時間いっぱいになったら、自動で終了画面が表示されます。
    もちろん、時間いっぱいになっていなくても自分で終了させることもできます。
    その後は試験終了のボタンをクリックし、持込み品を全部持って会場を出ます。

    ●受験後

    受付でスコアレポート(という名の「結果が出るまでに30分くらいかかるよー」的なことが書かれた紙)をもらい、受験前に書いた書類にもう一度サインしたらおしまいです。

    ●合否通知

    本当に合否結果が30分くらいで出ます。
    予めオラクルのアカウントとピアソンVUEのアカウントを紐づけておけば、CertViewというサイトへのリンクが記載されたメールが届きます。
    あとは、CertViewのページでスコアを確認するだけです。
    合格した場合、認定証などは2~3日で発行されるので、のんびり待ちましょう。



    追記は受験した感想です。


    続きを読む »

    スポンサーサイト

    洞窟物語セリフbotから学ぶ英語表現 第1回

    洞窟物語セリフbotから学ぶ英語表現、第1回はこちら。



    対応訳
    おい!
    何をしている!
    早くコアを研究室へ移せ!
    まだ間に合う!!
     (ドクター)

    単語
    lab研究室


    ワンポイント
    コアを破壊されて慌てたドクターがミザリーに命令するシーン。

    最後の文"While you still have time!"は、直訳すると「時間があるうちに!」です。
    「間に合う」という意味の英語では"make"を使うこともできます。
    そのため、"You can make it!"ということもできますが、これは主体的に間に合わせるというニュアンスがあるため、このシーンでは適しません。
    なお、"make"を「間に合う」という意味で受動態にして使うことはあまりありません。

    洞窟物語セリフbotから学ぶ英語表現 第0回(イントロダクション)

    唐突ですが、「洞窟物語セリフbotから学ぶ英語表現」なるものを勝手にやってみようと思います。

    内容として、時々流れる英語ツイート1件に対し、
    ・元のツイート
    ・対応訳 (原作[フリー版]に準拠)
    ・ボキャブラリー
    ・表現のワンポイント

    を載せた記事を作っていきます。

    なお、内容が内容なのでネタバレ注意です。
    また、更新の頻度は気まぐれな星が敵に当たるかどうかと同じくらいです。(謎)

     | ホーム | 

    検索フォーム

    記事クイックジャンプ

    QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。