ゆとり理系のgdgdブログ

.com.comです。 ここでは自分の日々の思いや出来事、知識などを紹介していくブログです。

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07 管理画面

プロフィール

.com.com
Since 10/04/10

主な活動内容

  • YouTube実況者(.com.com名義)
  • YouTube実況者wiki管理人(2代目)
  • Visitors

    あなたは人目の訪問者です。 (Since 10/09/09 19:15)

    活動場所リンク

    YouTube 実況メイン
    Stickam 生配信メイン
    Twitter
    Twitter(チャンネル用)
    Justin.tv
    Ustream

    ブロとも申請フォーム

    ブログリンク

    ※★は相互リンクです。
    ※●はYouTube実況者以外のオススメブログです。(●がなければ実況者です。)
    ※*はFC2ブログでないブログ(Amebloなど)です。
    ※◆はこちらをご覧ください。
    ※2012年以降更新がないブログは最下部にまとめて畳んでいます。

    Channel Info

    チャンネルの最新情報はこちら!

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    第3期からの実況シリーズ後語りについて

    2017/07/30 13:10 後語りのカテゴリ分け変更に伴う修正。

    そろそろ現行の実況作品のうち3つが終わりそうなので、穴埋めついでに今期からの後語りの方針を紹介します。



    第3期からは、シリーズ完結後にゲームの評価を入れたいと思います。
    評価の構成は以下の通りです。

    ●良かった点
    ●気になった点

    プレイしてみてプラス・マイナスに感じた部分をまとめます。

    基本的には項目を列挙し、掘り下げた内容を記載していきます。
    項目数は「良かった点」「気になった点」の数を同じにします。
    ただし、特別に優れたゲームの場合は「良かった点」の方を多くすることもあります。
    なお、どんなに評価が低いゲームでも「気になった点」の数が「良かった点」の数よりも多くなることはありません。

    蛇足ですが、表記をあえて「悪かった点」とはしません。
    ゲームに対してのネガティブなイメージを付けたくないというのが理由です。
    やはりゲームを作るのはそれ相応の労力が必要です。
    ただ無料で楽しんでプレイする側がエラそうな評価をするのは、いくらなんでもという気持ちがあります。
    そのため、自分が気になったというレベルで、完全に悪いこととは言えないという意味を付ける意味でこのように表記しました。

    ●総合評価

    プレイしたうえでの総合結果を10点満点で評価し、総評を記載します。
    評価の基準としては以下の通りです。

    ・基本点
    10点:人生を変えるきっかけにもなったゲーム
    9点:個人的には縛りプレイをするほどハマるゲーム
    8点:個人的にはハマるほど楽しく、是非ともオススメしたいゲーム
    7点:個人的にはハマるほど楽しかったが、一般的な評価としてはどっちつかずになる
    6点:個人的には普通に楽しめて、ゲームとしてはあまり欠点は見受けられない
    5点:個人的には普通に楽しめたものの、やや遊び辛いと感じた
    4点:個人的には遊び辛く感じ、紹介するには少し微妙なところ
    3点:遊びやすいとは言えず、楽しめなかった
    2点:個人的にはクソゲーとして評価するレベル
    1点:一般的にクソゲーとして評価されても仕方ない
    0点:遊べる代物ではない

    基本的な評価です。
    原則個人的な主観が入ってきます。
    特に6点以上は基本的に主観で点が決まっているので、6点以上であれば期待を裏切らないゲームだということを保証します。
    (なお、6点未満となるゲームは紹介しませんので、紹介されたゲームは全部期待を裏切らないと思ってもいいです。)

    ・補正点
    +3:個人的にはあまり楽しめなかったが、一般的な評価は高い
    +2:個人的にはあまり楽しめなかったが、合う人には合うかもしれない
    +1:個人的に気になる部分は多かったものの、それほど気にするレベルではない
    -1:一般的な評価で賛否両論になりそうな部分が多い
    -1:バグや操作性等、遊びづらい部分が少し目に付きやすい
    -2:バグや操作性等、遊びづらい部分が目立つ

    一般的な評価を加味して付けられる評価点です。
    この評価を含めた上で評価を出します。
    つまり、見た目の数字は一般的な評価を加味した数字、補正点を逆算した数字(基本点)は.com.comの個人的な感想になります。

    例1 「10点中7点(補正-1点)」
    点数は7点ですが、基本点は8点になります。
    つまり、
    ・一般的な評価としてはどっちつかずで、普通に楽しめる作品。
    ・個人的にはハマるほど楽しかった作品だったので、人によっては楽しめるかもしれない。

    ということになります。

    例2 「10点中8点(補正無し)」
    点数は8点、基本点も8点になります。
    つまり、
    ・一般的な評価は割と高めの作品。割かしオススメ。
    ・個人的にはハマるほど楽しかった作品。是非オススメしたい作品。

    ということになります。



    書き方はこのブログで過去に2回やったレビュー(ハナノパズルプラネットハウル)に近いですが、これらのレビューの末尾に書いていある内容を抽出しただけのようなイメージです。
    ゲームの概要については動画で出していますし、後語りにわざわざ書くことではないので割愛します。

    アップスケジュールを考慮すると
    2016年7月15日 RainyTower
    2016年7月16日 STARGAZER
    2016年8月1日 楽園のがーでぃあん

    となる予定です。

    なお、カテゴリ分けは[YouTube]後語り(第3期~)となります。
    [ゲーム]レビュー・[YouTube]後語りには含めません。
    お間違いのないようにご注意ください。


    続きを読む »

    スポンサーサイト

    近況報告

    またブログを放置していた状態で申し訳ないです。。。
    相変わらず動画は毎日コンスタントに上げていますよ。



    アナリティクスを見ていますが、メジャーな動画は相変わらずメジャーだなというのが率直な感想です。

    直近1ヶ月の再生回数トップ3はこのところパズルボブル4の3本
    すと~り~ぱずるノーミスフルプレイ
    ひとりでぱずるエンディング全集
    通常曲ロングバージョン(作業用BGM)
    です。
    ある意味お約束かなあという感じです。
    #パズルボブル4で自分の動画がちょいちょい出ていることもありますし。

    シリーズでいえば、「パズボブ」「魔王」が大体を占めていて、「ノクターン」「かしわもち」「きつね」「星探」が紛れている感じです。
    アルゴリズム行進耳コピも予想通りの位置にいます。

    新シリーズはまだまだ数字は及んでいませんが、5シリーズのうち「すたげ」が良い出だしになっています。
    意外なことに、国内だけでなく海外からの再生も見られます。
    調べてみると、原作「星をみるひと」の英語版があったり、「Densetsu no Kusoge」という海外製のフリーゲームがあるみたいです。
    その繋がりなのかなとも思ったのですが、HOT・B、やりますな。(褒め言葉)

    一方、「夢遊猫」だけは5シリーズの中で少ない再生回数です。
    字幕実況だからなのかもしれません。ちょっと気になるところです。

    で、意外な動画が再生回数を伸ばしていました。
    実は先述のアルゴリズム行進耳コピよりも再生回数が伸びている動画が「Flashゲーム実況プレイ Part 13【ぱんぞうトランプバトル】」でした。
    確か2010年11月頃の動画ですが、再公開をしてから何故か急に伸びているのです。
    1日5回程度の再生ですが、過去1ヶ月のランキングトップ10に入っています。そこの突っ込みはなしの方向でお願いします。
    ちょっと意外な展開です。
    結局自分が面白そうだなと思ったゲームをプレイするスタイルなので再生回数はあまり気にしていませんが、予想外のものがヒットする傾向があるので、全くもってヒットが読めない状況です。
    「魔王」の時もそうでしたし。



    次はこちら。
    Schedule201606
    2016年6月時点でのアップスケジュールです。

    現在新シリーズを3つ程収録しています。(保留にしている1つを除く。)

    現状を考えると分かりますが、
    ・紫→「モノリスフィア」
    ・ライム→「楽園」
    ・紺→「すたげ」
    ・ピンク→「夢遊猫」
    ・灰→「RainyTower」

    となっています。
    そして、黒はゲームタイトルを書いていることから推測できると思いますが、単発枠です。

    すると、水色と茶色の2種類が新作です。
    もう1つはエンコード作業が終わっていないので保留にしています。
    予定としては「モノリスフィア」の合間に入れるか、茶色のシリーズと並行して進めるか、迷っている感じです。(「モノリスフィア」の収録が終わっていないため。)
    ちなみに、以前書いた繋ぎ扱いの新作が茶色です。
    当初火・土曜日を考えていましたが、次のメインシリーズにもなる水色の収録がかなり進んでいていたため、バランスを取るために月・金曜日に移しました。

    アップ予定のスケジュールはコロコロ変わるから、期待しないでね。

     | ホーム | 

    検索フォーム

    記事クイックジャンプ

    QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。