ゆとり理系のgdgdブログ

.com.comです。 ここでは自分の日々の思いや出来事、知識などを紹介していくブログです。

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12 管理画面

プロフィール

.com.com
Since 10/04/10

主な活動内容

  • YouTube実況者(.com.com名義)
  • YouTube実況者wiki管理人(2代目)
  • Visitors

    あなたは人目の訪問者です。 (Since 10/09/09 19:15)

    活動場所リンク

    YouTube 実況メイン
    Stickam 生配信メイン
    Twitter
    Twitter(チャンネル用)
    Justin.tv
    Ustream

    ブロとも申請フォーム

    ブログリンク

    ※★は相互リンクです。
    ※●はYouTube実況者以外のオススメブログです。(●がなければ実況者です。)
    ※*はFC2ブログでないブログ(Amebloなど)です。
    ※◆はこちらをご覧ください。
    ※2012年以降更新がないブログは最下部にまとめて畳んでいます。

    Channel Info

    チャンネルの最新情報はこちら!

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    「ひとみち」第15回(最終回)

    今回予定を変更して、土日連続のアップとしました。
    いよいよ一本道迷宮、最後の動画です。

    【ウルフRPG】一本道迷宮をプレイ ~色が紡ぐこの世界~ Part 15-1


    【ウルフRPG】一本道迷宮をプレイ ~色が紡ぐこの世界~ Part 15-2


    【ウルフRPG】一本道迷宮をプレイ ~色が紡ぐこの世界~ Part 15-3


    【ウルフRPG】一本道迷宮をプレイ ~色が紡ぐこの世界~ Part 15-4


    【ウルフRPG】一本道迷宮をプレイ ~色が紡ぐこの世界~ Part 15-5(終)


    さて、「一本道迷宮」アナザーストーリー編、今回が最終回です。
    そして、この「一本道迷宮」のプレイも最後になります。



    いきなりボルドーに苦戦するという波乱の展開からスタートしましたが、トルテのブレイクハートとハガクレが大活躍します。
    前者は拘束付与、後者は回避率上昇なので、これらを特に使いこなしたいところです。
    結果、2回目の攻略でクリアすることが出来ました。
    ボスよりもボルドーがやはり問題ですね。



    Part 15-3で迷宮を脱出したアッシュ・ネイビー・ブラッド・ナナイロのその後の様子が明らかになります。
    中には、本編で話題にしか出なかったマロンちゃんの正体まで。
    ここでは語りませんので、詳しくは動画を見るか各自でプレイしてみてください。



    そして、レキの思惑が明らかになります。
    実は第12回のあれは繋がっていたんです。
    レキを止めるため、ラストバトルに挑みます。

    レキは赤ダンジョンLv.3ボスのボルドーと似たパターンの攻撃を持ちます。
    ただ、パターンが違ったりハイチャージの頻度が少ないので、ボルドーよりは割と対処しやすいと思います。
    今回はハガクレもあるので、ハガクレで回避率上昇しておくとやりやすいです。
    いずれにせよ、ボルドーの時と同じく虹色の薬は大量に持っていきたいところです。

    レキを倒すと、エンディング後にトゥルーエンド達成になります。



    さて、今まで15回にわたってお送りしてきた「一本道迷宮」はいかがでしたでしょうか。
    ゲーム自体は結構シンプルで、1プレイ10分程度あればプレイできる内容です。
    「一度通ったところは通れない」というルールはやや難しいかもしれませんが、慣れてくると探索が面白くなります。
    そして、ストーリーも奥深く、迷宮の探索を通じキャラクター同士の交流が少しずつ深まっていくところも魅力です。
    是非プレイしてみてはいかがでしょうか。

    今回は初の字幕実況と言う試みでしたが、個人的にはやりやすいと感じたスタイルでした。
    今後も何かしらのタイミングで字幕実況を出すかもしれません。
    その時はどうぞ宜しくお願い致します。

    以上で「一本道迷宮」のプレイは完結です。
    今までご覧いただきましてありがとうございました!
    スポンサーサイト

    「月夜に響くノクターンRebirth」実況終了!

    ついに完結しました!
    2011年に動画を出し始めたので、約5年がかりで完結です。



    まずお詫びです。
    Part 71から収録環境の変化に伴い、ノイズが入るようになってしまいました。
    ノイズ除去はかなり試行錯誤してようやく良い段階まで持ってくることが出来ましたが、結果としてシリーズ全体の2/3以上の動画で音質が劣化した状態になってしまいました。
    聞き苦しい点もかなりあったと思います。
    ご覧いただいた皆様には本当に申し訳ありません。



    さて、このシリーズですが少し語っていきます。

    このシリーズは2011年にスタートしたシリーズの中で一番最初に始めたものの1つです。
    エンディング等でも述べましたが、同時期に「IndeTerminate PLUS ALPHA」(以下「いんたみ」)も始めていて、進行状況としてはこの「ノクターン」の方が遅い状態でした。
    数字で言えば、「ノクターン」70本で中盤に差し掛かった状態に対して「いんたみ」が90本で完結していたという状態です。

    理由としては2つあります。
    まずはストーリー
    「いんたみ」はストーリーの目的が明確で、ダウンロードする時点で内容も分かっていたこともあったので、かなり馴染めて楽しかった思い出があります。
    一方の「ノクターン」はストーリーが個人的には分かりづらく感じてなかなか進めることが出来ませんでした。いきなり専門用語が多かったのが一つあるかもしれません。
    もう一つは難易度
    「いんたみ」は縛りを付けずにやっていたうえ、そんなに戦略も考えないでやっていたので、割とサクサク進みました。
    一方の「ノクターン」はBraveClearという縛り付きでやってしまったので、戦略を考えなければいけず、かなり苦労しました。

    そういう訳で「ノクターン」は思ったより進みませんでした。
    ただ、次第にストーリーやシステムが分かってくるにつれ、このゲームの素晴らしさを感じるようになってきました。
    特に、自由行動パート(ラグズ・テイワズ・ケーナズ)があったおかげで少しずつゲームに慣れていった感じがします。
    リスティルの城の本格攻略に入ったあたりで、戦略をしっかり考えるようになってきた気がします。



    この話に絡めてボス戦もちょっと振り返ります。

    最初のボスのマクスウェルのBraveClearははっきり言って奇跡です。
    何もわからない状態でプレイしていきなり達成したので、率直に奇跡だと思っています。

    次のハガル丘陵に入るとこのゲームのシステムに翻弄されることになります。
    ボスの風を紡ぐ者にしても然り。挑戦回数はもしかしたらラスボスに続いて多いかもしれません。
    以降は、ギリギリBraveClearまで育成するという地道なプレイでボスは2~3回プレイした感じです。
    ラグズ・テイワズ・ケーナズのボスもそうですし、イディス戦もそうです。
    結局育成パートを挟んでいることからも地道にプレイする姿勢が出ていました。
    特にケーナズのロックモールは忘れられないほどの強敵でした。挑戦回数の多さは恐らくベスト3の一つ。

    逆に運が良かったのは吹き抜けのマクスウェル戦
    初見+アイテム補充なしでしたが、何とかクリアできました。
    後に攻略wikiを見ると「初見ブレイブクリアは難しいと言われ、このゲームでも有数の難関との評価。」とあったので、これがクリアできたのは運が良かったのではと思います。
    見直してみましたが、偶然闇に沈む者の闇撫で状態異常の弱点を突けたところが良かった感じです。
    ちなみにレンドの種は解説していることからも分かる通り、攻略wiki情報です。

    幻影の森辺りからは本格的に攻略wikiを見つつ、下見と本番で対策を練るようになりました。
    ただし、ボス戦は基本見ないでクリアすることを目標にしました。
    そのため、ボス戦はその後も割と手探りでやっていた感があります。

    まず、紋章の合成は本当に偶然発見。普通に合成をしないでクロコダイル戦後に気付かなかったら彷徨っていたでしょう。
    クロコダイルダミー・リスティルも長期戦でタイマンにもつれたあたり苦戦しました。
    もう少し判断が良ければ……と思うとギリギリクリアできたのはラッキーだったのかもしれません。
    イディス第2戦リスティルは使い魔が残せるレベルになった時点でかなり戦略を立てるのが上手くなってきたと思っています。
    以降のカオスの世界はシルフィールで育成に時間はかけたものの、続く次元の挟間のボスが初見クリア、ラスボスが短い育成時間という状態で、しかも3戦とも使い魔残しをした時点で結構良い出来だったと思います。



    さて、このゲーム「【フリーRPG】」と冠しています。
    実はツクール系でこうしているゲームは「今の風を感じて」、「いんたみ」、そしてこの「ノクターン」です。
    え、「ノクターン」もツクール製なのかって?
    そうなんです。
    僕だって知らなかったよ、そんなこと!
    実はRPGツクールXPなんですって。
    RTPが不要だったこともあって完全に騙されていました。
    フリーソフト超激辛ゲームレビューを最初読んでなかったので、これを読んで衝撃を受けました。
    確かにXPっぽい感じの仕組みだなとは思いました。メッセージ枠とかコンフィグとか。



    そして、このゲームはリクエストでプレイしています。
    全然分からずに全然進まなかったのですが、このゲームに出会ってフリーゲームに対しての見方が大きく変わりました。
    ツールの制約に縛られない無限大の可能性が広がるフリーゲームに気付かされた一品でした。
    僕の中で人生が変わった万人にオススメしたいゲームのベスト3に入ったゲームです。
    改めてリクエストいただいたこぅりさんには本当に感謝しています。この場を借りて御礼申し上げます。



    そんな訳で、今回の「月夜に響くノクターンRebirth 初見実況」は終了です。
    いつか攻略動画を出したりやおまけのボス戦もやろうかとも考えていますが、現時点では未定です。
    また動画を出した際には宜しくお願い致します。

    最後になりますが、今までご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

    今後のアップスケジュール(2015年11月版)

    現在固定状態になったアップスケジュールですが、一部変更します。
    今回の変更は以下の理由によるものです。

    ・「かしわもち」番外編を完全消化するにあたり、「かしわもち」の本数が現在の空いている火曜日の枠を超過したため
    ・11月10日と12日に動画のアップロードが出来ないため


    なお、当初予定は
    ・日曜日 → 「ノクターン」「久々○○」
    ・火曜日 → 「じぇね」「かしわもち」「ひとみち」
    ・木曜日 → 「ねこにん」
    ・土曜日 → 「RR」

    のスケジュールを指しています。ちなみに「久々○○」は新作です。



    ●11月8日(日)まで
     予定通りアップします。
     11月5日(木)は「ねこにん」をアップします。
     11月7日(土)は「RR」をアップします。
     11月8日(日)は「ノクターン」(最終回)をアップします。

    ●11月10日(火)・11月12日(木)
     アップロードを休止します。

    ●11月13日(土)~11月21日(土)
     変則スケジュールでアップします。
     11月13日(土)・11月14日(日)は「ひとみち」(最終回)をアップします。
     11月16日(火)・11月20日(土)は「かしわもち」をアップします。
     11月18日(木)は「ねこにん」をアップします。

    ●11月22日(日)~来年1月21日(木)
     毎週日曜日と木曜日は、「久々○○」→「ねこにん」→「RR」の順でアップしていきます。
     毎週火曜日と土曜日は「かしわもち」をアップします。ただし、編集状況によっては「じぇね」をアップする可能性があります。
     ※12月31日(木)は別の単発動画も併せてアップする可能性があります。

    ●来年1月23日(土)~
     予定通りにアップします。



    今回のスケジュール変更のポイントは以下の通りです。
    ・11月の時点で「ノクターン」「ひとみち」を完結させる
    ・「かしわもち」「じぇね」のアップ頻度を週2回に増やす
    ・新作開始のタイミングに合わせて変更分のスケジュールが分かりやすくなるように吸収する

    3番目は個人的な理由なので、気にしなくていいです。気にしたら負けです。

    思惑通りになれば、来年2月13日に現行シリーズの全ての動画のアップが終了することになります。
    そのためには「じぇね」含めた全ての編集終わらせないといけないんだけどね。
    来年2月以降の予定についてはまた後日お知らせします。
    一つだけ言っておけば、以前ちょっとだけ言及した新作を一斉にアップします。
    まあ、3作じゃなくて今は6作に増えていますが。


    続きを読む »

    「ひとみち」第14回

    アップロードの予定が変わったため、「ひとみち」のアップロードの優先順位を若干上げています。
    そのため、先週に引き続き今週もアップとなりました。



    【ウルフRPG】一本道迷宮をプレイ ~色が紡ぐこの世界~ Part 14-1



    【ウルフRPG】一本道迷宮をプレイ ~色が紡ぐこの世界~ Part 14-2





    裏ダンジョン攻略の続きです。

    出てくる敵は基本変わらないので、適当にプレイしています。
    ただ、やはりボスは作戦を間違えると苦戦しますので、表ダンジョンよりも慎重に進んでいます。

    さて今回ですが、一つ前回とは違う感じで進めています。
    それは、敵とのエンカウントを極力回避していたことです。
    難易度が高いので、数回プレイすることを覚悟するうえで、Lc達成を狙うようにしていました。
    ただ、今回偶然なのか仕様なのかよく分かりませんが、Lc達成条件が「既定歩数踏破」と「時間制限」しか出ていません。
    もう少しおまけでLv.3ダンジョンも攻略していますが、Lc達成条件で出なかったのは「敵をすべて倒す」だけでした。
    救済の可能性もあるかもしれませんが、どうなのでしょうか?
    それでも、今回3人ともLv.8スタートで2回挑戦し、ダンジョンクリア時はLv.11になったので、成長は結構早いです。



    今回のボス戦は3体セット。
    イメージは灰色ダンジョンで出てきたシリンダーの強化版だと思ってもらえればよいです。
    攻略法は、動画の通りキャロ→リンダ→ノクターンの順に倒すと楽でしょう。
    トルテでハガクレをしてからチロルで回復しつつ、被ダメージが抑えられたら一気にたたみかけると早いです。



    ダンジョン攻略の息抜きにクロウ・チロル・トルテの3人が雑談をしていました。
    この3人も迷宮に迷い込んだようですが、どうもナナイロら4人と違って結構長い間いるようです。
    彼らにも迷宮を脱出する術があるのでしょうか?
    ひょっとすると、チロルの言うようにそれは彼らにとって贅沢なのか……?



    それらが明らかになる次回、いよいよ最終回を迎えます。
    次回は5本という本実況最大ボリュームでお送りします。
    この迷宮にまつわる謎、脱出した4人のその後の様子、今回の3人の過去と運命、そしてレキの思い……これらが全て一挙に明らかになります。
    最終回も是非お楽しみに!

    おまけ
    解析してみたところ、Lc達成条件は迷宮レベルで変わります。表裏とも共通です。
    ・Lv.1:10歩以上歩く、宝箱をすべて取る、敵をすべて倒す、残りタイム1/4
    ・Lv.2:10~20歩以上歩く、残りタイム1/4~1/2
    ・Lv.3:20~30歩以上歩く、宝箱をすべて取る、敵をすべて倒す、残りタイム1/2、シンボル全通過
    なので、上で書いたLv.2ダンジョンのLc達成条件は仕様でした。

     | ホーム | 

    検索フォーム

    記事クイックジャンプ

    QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。