ゆとり理系のgdgdブログ

.com.comです。 ここでは自分の日々の思いや出来事、知識などを紹介していくブログです。

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01 管理画面

プロフィール

.com.com
Since 10/04/10

主な活動内容

  • YouTube実況者(.com.com名義)
  • YouTube実況者wiki管理人(2代目)
  • Visitors

    あなたは人目の訪問者です。 (Since 10/09/09 19:15)

    活動場所リンク

    YouTube 実況メイン
    Stickam 生配信メイン
    Twitter
    Twitter(チャンネル用)
    Justin.tv
    Ustream

    ブロとも申請フォーム

    ブログリンク

    ※★は相互リンクです。
    ※●はYouTube実況者以外のオススメブログです。(●がなければ実況者です。)
    ※*はFC2ブログでないブログ(Amebloなど)です。
    ※◆はこちらをご覧ください。
    ※2012年以降更新がないブログは最下部にまとめて畳んでいます。

    Channel Info

    チャンネルの最新情報はこちら!

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    僕とwikiと管理人

    本当はこのテーマで何かを書くことは二度としたくなかったのですが、今抱えている仕事でどうしても納得が出来ない部分があるので、語ろうと思います。
    内部告発となるので悩みましたが、時間がないこと、そして現状を知ってもらって一人でも考えを改める人を増やしてほしいと思い、公にします。



    YouTube実況プレイ@wiki」についてのお話です。

    始めに、一つ重大な発表があります。
    .com.comは現在このwikiの管理人をやっています。

    とは言っても、厳密には管理人ではなく、管理人と同等の権限を与えられた人物とされています。(管理人としてログインできています。)
    実際の管理人は別人ですが、僕の他にあと3名が同じ状態で権限を持っています。
    (以下、実際の管理人を管理人、権限を持った僕を含めた4名を管理メンバーと表記します。)
    僕は1日出遅れていたので最初はかなり戸惑っていたのですが、現在では色々決まってきて着々と整理が進んでいます。



    実のところ、1年ほど前に管理人の方からコンタクトがあって「wikiの整理を手伝ってほしい」という依頼を受けました。
    連絡を取り合う際、僕自身もいろいろ不満を持っていて、それでその気持ちを管理人の方にぶつけてしまっていたりしました。
    一応この時整理は行ったのですが、詳細を決めようにも結局曖昧な部分が残ってしまっていました。



    この度二度目の整理を行うという運びになっています。それで、現在どのページにもアクセスできない状態です。
    5人になったことで、「三人寄れば文殊の知恵」と言われるように、色々なアイディアが出て来たりして曖昧なところが少しずつ決まっていきました。
    僕自身もあれから1年経って少しずつ考えが変わってきているので、厳しすぎたところは自分でも見直してその点は妥協しています。(思いを書いたメモとかも管理人の方に渡したのですが、今となっては黒歴史です。)
    また管理人の方も、僕の思いを聞いて自省したとのことで、なかなか決まらない部分は管理人自ら独断で決めている部分も出てきているので、wikiの質の向上に期待を寄せて手伝っています。
    皆さん忙しいようなのでなかなか進まない事情もありますが、レイアウトの見直しに関しては量が多いながらもほとんど出来上がっています。

    ですが、まだ決まっていない部分があります。
    それはメンバー登録の管理の部分。
    12月30日時点で73名、メールアドレスの確認が出来ない人も含めると全部で131名の申請が来ています。
    恐らく全て拒否されると思います。
    管理人の意向(僕だけとのやり取りで僕が提案したことを採用したようです)でそうなっていますので、よほどのことがない限りは拒否されるはずです。

    このwikiの規模はかなり大きいです。
    以前メンバー登録して頻繁に訪れたりはしましたが、正直なところ次第に嫌気がさして長い間チェックに来なかった事すらありました。
    メンバー申請した人に聞きたいです。

    どうして申請したんですか?

    僕から言わせれば、

    wikiを良くしようとする気持ちがないなら、申請するな!

    と言いたいです。


    続きを読む »

    スポンサーサイト

    年末年始は未編集

    昨日のクリスマスに爆弾を投下した.com.comです。
    先日ブログで言っていたある仕事が再び再開しました。
    そこに、死亡フラグの人に追い打ちをかける爆撃とかサド加減がひどい。あなたのためにやってあげたんだからね!(お為ごかし)
    しかし、再開後のとある決定が僕にとってはあまりにも急転直下だったので焦り気味です。
    リアルでも焦り気味なのに、どうすればいいんだい。テスト2000個とか辛いです。

    先日ブログで言っていた~といえば検定の話ですが、合格むりぽです。
    全力は出しましたが、最後の最後で落としまくるというひどいどんでん返しで萎えました。



    ただ、一つ進んだこともあります。未編集の「パズボブ」の編集がようやくすべて消化できました。
    今度は土曜日枠の「プリズミカ」……に取り掛かるのかな?分からないです。
    「RR」も編集終えてないし、「ノクターン」も編集終えてないし、「ねこにん」も編集終えてないし……。無い無いづくしじゃん。

    以上、報告は.com.comでした。

    .com.comの実況動画の見方

    4年目の新シリーズで「原則新しいゲームのシリーズものを出さない」としたのには訳があります。
    それを語っていきたいと思います。
    .com.comの動画を長年ご存知の方も、最近知ったばかりの方も、一度ご覧ください。

    結論から言ってしまえば、正しい見方は
    プレイしたことのないゲームの動画は、気が向いたときに動画を1本だけ見る。
    プレイしたことのあるゲームの動画は、気が向いたときに動画を何本か見る。

    です。

    逆に間違った見方は、
    アップロードされた時点で見る。
    .com.comのアドリブやキャラクターを楽しむ。

    です。



    僕自身、.com.comの動画を100%味わっている方は一人もいないと思っています。
    それは、視聴者の主観ではなく、配信者としての視聴者の評価として、です。
    最高でも40%この方(ちなみに息子さんは20%)ですし、他に10%がちらほらいて、残りは0%と評価しています。見ている見ていないに関係なく、です。
    僕自身から100%の評価をもらうためには、正しい見方を知る必要があります。
    (ちなみにこの評価方法では100%以上の評価もあります。
    ただし、100%以上だったらドン引きしますが。
    さらに、僕自身は60%以上であれば100%味わっている人と同等とみなしています。)


    では、新しい動画が出た時にはどう見ればいいのか。これをご紹介します。
    Part 1の最初の1本だけ見る。これだけです。
    間違っても、Part 2以降を見たりしてはいけません。これはこのゲームを知っている場合だけにしてください。
    ポイントは1本だけ見るということ。(Part 1と指定しましたが、1本であればどれでもOKです。)
    これはどういう意味かというと、
    1本だけ見る → ゲームをやってみる → ある程度クリアするか、プレイを断念したら、残りの動画を見る
    というプロセスを踏んでほしいからです。

    例外は一つだけあります。僕の出している動画のシリーズものでいう、「プリズミカ+」です。
    これだけ作者のサイトが閉鎖してしまったため、2番目の「ゲームをやってみる」というプロセスはできません。



    さらに、ただでなくても、この記事を執筆している時点では週4日計約8本更新というハイペースな更新です。
    以前では毎日更新で週28本を出す異常なペースの更新ですら平気でありました。
    そんなわけで、僕の動画をタイムリーで求めるのであれば、あなたの時間を徹底的につぶすことになります。暇つぶしのレベルでは済まされません。

    僕の動画は
    ・ふらっと来てみたら自分の知らないゲームの動画が出ていたから、とりあえず1本だけ見てみよう
    ・ふらっと来てみたら自分の知っていたゲームの動画が出ていたから、何本か(もしくは全部)見てみよう

    そんなノリで見て欲しいのです。
    最近知ったある実況者の動画も、こんな感じで見ています。
    この見方を自分で実践してみて、これが自分の実況動画の理想的な見方なのではないかと考えました。

    Twitterでアップロード情報を一応公開していますが、あくまで使い方としては
    ・宣伝RT
    ・コメント

    この2つです。
    ですから、これはリアルタイムの情報源としての活用は想定していません。「手に取るように分かる」というのは筋違いなわけです。
    以前ブログのコメント返信をしましたが、現にYouTubeと連携しておらず(させてくれず)、アップロードされた時点でツイートされる仕様になっていません。
    だから、タイムラインで血眼になって探すレベルではありませんし、だからと言ってふとした時にタイムラインを見ていたらあったから動画を必ず見るという使い方をするためのものでもありません。



    僕の考えとしては、.com.comという人間が主役になるべきではないとしています。
    僕自身もなるべく面白い動画にしようと努力はしていますが、もともとエンターテイナーとしての素質はほぼありません。
    ですので、面白さを求めるためだけに実況動画を見るなら僕の動画を見るだけ時間のムダです。これははっきり言っておきます。
    むしろ、僕と同じゲームをやって、僕よりも何倍も面白い実況をしている人はごろごろいます。
    ですから、単に実況動画を一つのエンターテイメントとして見るとしたら、僕とは縁を切ってください。
    僕としては残念ですが、このために期待に応えようとしたら、精神的に持ちません。
    ならば、いっそのこと縁を切った方がお互い幸せです。

    僕のエンターテイナーとしての素質の無さというのは、演じている側の主観の話なので一方的であることは事実です。
    しかし、僕の性格からどうしても認められないのです。
    この点で僕としての黒歴史は、「こんぶ」と「かしわもち」です。この2シリーズだけ動画を見直す気は一切起きません。

    「こんぶ」は実況における初めての経験だったので、技術面もありますが演出面においても振り返るのが辛い動画です。
    技術面がひどかっただけならまだマシでしょう。tonowiさんには謝りたいのは相変わらずですが。
    しかし、過去動画の見直し作業をした際、演出面のひどさに赤面したのは忘れられません。
    「こんなことを言っていたなんて馬鹿じゃないの?!」と罵りたかったほどです。

    技術面が多少マシになっていても、演出面に関しては同じことが「かしわもち」に言えます。
    一つの試みでやりましたが、やっぱりキャラの崩しは向いていないなと思いました。
    Part 1で泣いたことも、辛かったことも事実ですが、振り返ってみると大袈裟で無理やりな感じがして、見ること自体が辛い動画になってしまいました。

    僕の動画に寄せてくれたコメントはゲーム内容に関する話が中心なので、僕としては助かっています。
    もちろん、.com.comのキャラにツッコミを入れてくれるのもうれしいのですが、蓄積していくと次第に負担になります。これは今でも同じです。
    その代表が「パズルボブル4」の実況。
    このシリーズのコメントのほとんどは、先程40%と評価した方からのものですが、最初は良かったものの次第にずれて行っている感じがしてなりませんでした。
    一応評価を上げる要素が序盤であったのでまだ良かったのですが、僕としては次第にコメントを返すのが億劫になったことすらあります。
    今はコメントの制限をTwitterまたはブログに限定しているのでまだいいのですが、他の箇所のコメントでもこれが続くようだと、将来コメント全体の見直しを考えざるを得ません。

    僕の中では、もし.com.comという人間がちょっとでもこんなキャラで通じてしまったとしたら、僕は実況動画を出したことを一生後悔します。
    僕としてはエンターテイナーとして活動するつもりはないのです。
    ですが、実況動画を出し始めてから少しずつずれて行ってしまっていた、そんな感じがしていたのです。
    3年目に入って色々考え、最終的にこのような結論に至りました。
    現に出してしまって後悔している動画もあるので、これらについては削除するつもりです。(詳しくは過去記事を参照。)

    もし.com.comとかかわりを持ちたいなら、このブログかTwitterのメインアカウント(@tkcomcom1is)かSkypeの3つのいずれかを使うことになります。
    動画を通じて関わりを持つとしたら、それは見当違いです。


    続きを読む »

    4年目のキーワードは暗黒期

    よく見たら、来週は2シリーズで裁判ネタが出てくるという奇遇っぷり。
    さて、4年目の予定を語っていきます。



    今後ですが、動画収録のペースは明らかに落ちることが見込まれています。
    ちょいちょい収録してはいるのですが、何せ過去動画の見直し作業がある関係で、編集も含めて停滞気味です。
    今後の活動状態もきっちり吟味しないと死にそうです。

    1. 「ねこにん」公開時期について

    本当に申し訳ないのですが、今年の2周年記念動画で予告していた「【RPGツクール】ねこにん!実況」(略称「ねこにん」)は、早くても来年5月まで延期になります。
    理由は、「かしわもち」の後継としての扱いと決めてしまっているためです。
    パート数は現在80ほどで、全体としては100本以内を見込んでいます。
    計算としては、当初の予定しているペースで進めば、5年目に入ったあたりで完結になると思われます。
    (後述のRewind企画の曜日を変更すれば、もう少し早く完結する可能性はあります。)

    2. 今後の新シリーズについて

    今後の新シリーズですが、以下の2種類に限定します。
    ・フリゲを10分で実況プレイ (略称「フリゲ」)
    ・Rewind企画関係


    新しいゲームは原則全て「フリゲを10分で実況プレイ」でプレイします。
    そして、既存のゲームはRewind企画に一本化してプレイします。
    1作目がRed Releaseですが、おいおい2作目としてパズルボブル4の番外編10も出てきます。
    3作目ですが、枠が1つ空いているので、ここに「久々にCombatHeavenを実況プレイ(仮題)」(略称「久々こんぶ」)を入れる予定になっています。

    そのため、新しいゲームのシリーズものについては、「ねこにん」を最後に終了となります。
    ちなみにこれは【原則】なので、場合によっては【例外】も考えられます。
    この例外については、「フリゲを10分で実況プレイ Part 0」に説明を入れます。
    この例外の条件は「人数」に関係する相当厳しいものにしていますので、どうしても作って欲しかったら、この.com.comの動画を広く宣伝することが必要になります。
    正直なところ、自分一人で宣伝するには性格の関係で無理なので、ここはあえて他人任せに、ということです。
    そういう意味では、実況に対する負担を減らす(進退的な意味で)作戦です。

    3. 今後の動画更新状況について

    現状通り(週4日アップロード)です。

    ですが、確定しているのは、日曜日は7月第3週まで、火曜日は2月第1週まで、木曜日は4月第3週まで、土曜日は6月第5週までという、見事なまでの偏りっぷりです。
    まずは火曜日用の動画の編集を進めたいところですが、現状では「パズボブ」のみです。「じぇね」は申し訳ありませんが後回しになります。
    一応、編集予定としては「じぇね」の優先度を1段階上げる(「かしわもち」を引き下げる)形にしようと思っているのですが、それでも恐らくPart 11の1回分が限度になりそうです。

    最悪、「プリズミカ」か「ノクターン」を引っ張ってくるというセコい方法も一つです。
    しかし、本数的に余裕があるのは「ノクターン」ですが、残念ながら木曜日に追加アップと決めたこともあって、簡単にはいきません。

    4. サイト構築状況について

    放置中です。申し訳ありません。
    再生リストは、過去動画の見直し作業を踏まえた上でページを作る必要があるので、まだまだ道のりは遠いです。

    5. 他の活動拠点

    生配信ですが、時間が取れないので基本やらない方向にします。
    一度だけあるゲームをやってみたいというのもありますが、それは時間が来たら考えたいと思います。
    ただ、「フリゲ」で紹介するとしたら、結局二度と生配信はやらないということにはなりそうです。

    あと一つあったけど、それは別にいいや。




    まあ、こんな感じです。
    一応新作ですが、「フリゲ」を3本(Part 0以外)作っています。
    もし年末特別動画を作るとしたら一部だけご紹介したいのですが、現時点で作る予定はないです。
    ごめんなさい。


    続きを読む »

    実況暗黒期の打破

    2013年1月と2月の動画アップロード予定の予定を若干変更しました。
    ……とは言っても公開していないから分からないもんね。

    変更したのは火曜日です。
    「魔王」のアップロード期間を、【「星探」完結後一度だけ「パズボブ」と隔週にした後に3週連続更新】と変更しています。
    ちなみに「パズボブ」を一度挟んだのは、ノーミスチャレンジ分割版(2011年9月27日の後半3本)だったから。
    (当初は、「星探」「パズボブ」と「魔王」の交代制でした。)

    これによって、当初の「魔王」完結予定は2013年2月19日でしたが、2週間早くなって2月5日になりました。
    久々だけあって再生数は微妙ですが、相変わらず他シリーズと比較したら多いので、嬉しい限りです。
    今後の展開にどうぞご期待ください。(もうほぼ終盤だけどね。)



    最近アップされている動画をご覧になってお気づきの方もいるかもしれませんが、2011年11月以降に収録した動画でノイズがかなり入っています。
    (現在のシリーズで言えば、「魔王」以外の全シリーズです。ちなみに「魔王」は2011年8月に収録を終えたので、ノイズの影響はありません。)
    編集していてかなり気になっていたので、10日ほど前に東急ハンズであるものを買いました。

    それは、人形吊です。(これ、冗談抜きで本当に買いました。)
    この人形吊をマイクのコードに取り付けるという、とんでもなくアナログな方法です。

    人形吊でマイクを巻いたでござる。
    左上に写っている輪っかは、付ける際に外れちゃった部品です。
    ちなみに、この輪っかの部分の大きさがいまいちだったので、外れたついでに先っぽを伸ばしてマイクに絡みつかせています。(マイク本体に銀色の線が写っていますが、こんな感じで絡ませています。)
    あ、今更ですが、自分は実況でスタンドマイクではなくピンマイクを使っています。スタンドマイクだと、音量が安定しないと思ったので。

    ところが、これが何とビックリ、日曜日にある動画を収録して編集したのですが、従来よりは若干劣るもののノイズがかなり低減できていました。
    Audacityで従来のノイズ除去に加えてローパスフィルターを通す作業をすれば、ノイズもほぼ気にならない状態に。

    原理としては電磁遮蔽(もしかしたら言葉は多分違うかも)。要は、金属を挟んで外のノイズを遮断しちゃうという方法です。
    色々調べてフェライトコアも考えましたが、流石に量販店で売っているシロモノではありません(アマゾンとかで数百円で売ってたりはしていますが)。
    さらに調べたら導体で遮蔽という方法もあったので、とりあえず実験として金属のばねを探した結果、これを見つけたという事。
    巻くのも時間がかかるかな~と思いきや、10分~15分くらいで巻けたと思います。

    まあ、そんな感じで4代目のパソコンになってからついに念願のノイズ除去の手法を手に入れました。
    ノイズが入ると編集がどうもはかどらない性質なので、今後は少しずつ編集頻度も増やしたいなぁ~と思っていたりはします。

     | ホーム |  »

    検索フォーム

    記事クイックジャンプ

    QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。