ゆとり理系のgdgdブログ

.com.comです。 ここでは自分の日々の思いや出来事、知識などを紹介していくブログです。

01<< 12345678910111213141516171819202122232425262728 >>03 管理画面

プロフィール

.com.com
Since 10/04/10

主な活動内容

  • YouTube実況者(.com.com名義)
  • YouTube実況者wiki管理人(2代目)
  • Visitors

    あなたは人目の訪問者です。 (Since 10/09/09 19:15)

    活動場所リンク

    YouTube 実況メイン
    Stickam 生配信メイン
    Twitter
    Twitter(チャンネル用)
    Justin.tv
    Ustream

    ブロとも申請フォーム

    ブログリンク

    ※★は相互リンクです。
    ※●はYouTube実況者以外のオススメブログです。(●がなければ実況者です。)
    ※*はFC2ブログでないブログ(Amebloなど)です。
    ※◆はこちらをご覧ください。
    ※2012年以降更新がないブログは最下部にまとめて畳んでいます。

    Channel Info

    チャンネルの最新情報はこちら!

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    数学的なパズルボブル4の観察

    パズボブで自分は「我慢我慢」なんて言葉を言っていますが、この意味を数学的に説明します。



    k色の中である欲しい1色をn回以内バブルを発射して出す確率はどうなるのでしょうか?
    n回発射しても出ない確率は{(k-1)/k}^nなので、上記の確率は
    1-{(k-1)/k}^n
    となります。
    {(k-1)/k}^nは、nが大きいほど0に近づく(-1より大きく、1より小さい数を何回もかけると0に近づく)ので、
    「何回か発射していればいつか出てくる」
    ということを表しています。

    また(k-1)/kが0に近いと、{(k-1)/k}^nはさらに早く0に近づきます。
    これはkが小さいほど0に近づくのが早いということになります。
    (k=1で0、k=2で0.5、k=4で0.75、k=8で0.875)
    これは、
    「いらない色の数を減らせば欲しい色はいつか出てくる」
    ということを表しています。



    発射回数はバランスフィールドにおいて大きな意味を持ちます。

    通常フィールド上にk色のバブルがあった場合、1段下がるインターバルはk+3回になっています。
    例えば、フィールド上に4色あった場合では、7回発射すると1段下がります。

    バブルを滑車にくっつけるとどちらかが2段下がります。
    (ゲームでは1段下がるとありますが、バブルの位置で言えば2段下がります。)

    この場合、バブルを1個発射し滑車にくっつけて滑車を動かすと、2×7-1=13回も発射できるチャンスを失うことになります。(高さを元に戻せばイーブンになります。)
    4色で13回なら、欲しい色が13回とも出ない確率は約2.38%(=0.75を13回かけて100倍)しかありません。
    もし後3回発射すると1段下がるとしたら、nが3増えるので、欲しい色が出る確率は
    バブルを滑車にくっつけた場合(n=3):57.8125%
    バブルを捨てた場合(n=16):98.9977%
    と40%も変わります。



    結論。
    バランスフィールドではなるべく滑車支点の色が狙えるまで我慢すべし。
    いや、本当です。
    滑車を消す時は滑車支点の色だけしか狙っていません。
    (ひとりでぱずるノーミスチャレンジのG-5が分かりやすいかも。(Part 1の7:20あたり))
    使いどころが難しい色は、無駄に滑車にくっつけるよりも捨てたほうが安心なのです。
    (狙えない場合もあるので、その場合は正攻法でやるしかないですが……。)
    スポンサーサイト

    「MAGNET2」実況終了!

    最終回のパートはこちらです。


    まとめデータについてはこちらです。
    (当然のごとく、Part 103はデータから除外しています。)
    当初は掲載を考えましたが、表示の制限上テキストファイルのままにしました。
    また、上ファイルに載っていないネタ的データは追記に記載しました。



    さて、MAGNET2ですが、「こんぶ」「きつね」に次ぐFlashゲーム実況3作目(通しでは4作目、Flashゲーム実況プレイは除外)ということでプレイしてきました。
    動画内でも言っていますが、もう1つのFlashゲームが候補にありました。
    それはDotActionシリーズです。
    なぜこちらにしたかというと、これまた動画内でも言っていますが「クリアの見込みがある」という点にあります。
    実際両方とも全クリアをしたことはありません。
    ただ難易度では、DotActionシリーズと比べたらMAGNET2なんて足下にも及ばないと考えたので、こうして実況するに至った訳です。
    別にMAGNET2がぬるいということではありません。DotActionシリーズが鬼畜なだけです。
    アイワナをプレイされている方は、DotActionシリーズを一度やってみることをオススメします。
    正統派である分、アイワナやってるよりも絶対心が折れるから。

    DotActionの宣伝をしててもしょうもないので、シリーズ全体の感想。
    当初は80パートくらいを踏んでたんですが、Part 70あたりから雲行きが怪しくなって雷雨になった結果、100パート突破したね。
    過去のシリーズを見てもらえれば分かりますが、100パートを超えたのは「まぐまぐ」が初めてです。
    今までの中で最も多かったのは「RR」が92、「今風」が85なので、この数を更新しちゃった訳です。
    ちなみに「パズボブ」は動画100本を超えてますが、パート数は両シーズン合わせて79です。(既に決めてるので。)
    今後「魔王」が100パートを超えると思いますが、先にこっちが100パート超えなので、なんかなぁ……。

    まあでも、結果として1000ステージクリアできたのは自分にとって大きかったと思います。
    MAGNET2はFlashゲームの中でも特に早く知った方(自分がネットの世界に飛び込んで以来)なので、1000ステージクリアは本当に大きいです。
    初めて知ってから9年目くらい?でついに制覇したのですから。

    最近では少しばかり他の実況者様から「プレイしてみました」なんて言葉もいただいたのでうれしいです。
    難しいとの声が多いですが……。
    そして再生回数は主要シリーズで一番少なかった(多分「きつね」並に少ない)のですが、どうやら毎回評価をくださる方がいらっしゃって、後半あたりで毎回評価をいただきました。
    この場を借りてお礼申し上げます。m(_ _)m



    最後になりましたが、このシリーズをご覧いただきまして本当にありがとうございました。
    100パートを超えたgdgd感は否めませんでしたが、これでもこのゲームに興味を持ってプレイしていただけたらこの上なく幸いです。
    またぜひとも他のシリーズ等もよろしくお願いします。


    続きを読む »

    「星探」実況終了?

    収録が2日だけだったので、何かあんまり言うことは無い、うん。
    (1月7日のA-1・A-2と1月14日のA-3以降の2日)



    この実況をやったのは、
    ・Flashゲーム実況のネタが少し乏しかった
    ・とある方が実況していた

    というのが大きなウェイトを占めてると思います。
    ・解説風の実況をやりたかった
    という考えは微塵もありません。Part A-1の動画説明で「初見でやった方が面白い」と書いたのはそういうことです。

    でも、意外に星探2で苦しめられました。
    Stage 44とStage 70が辛かったのは言うまでもありません。
    Stage 44はクリアの原理が分からないままクリアしてた覚えがありますし、Stage 70は以前クリアしてた方法がうろ覚えだったのが原因です。
    それさえ除けば2パートは減った、絶対。



    このシリーズは一旦完結しますが、次回作が出るかは不明なので完全な完結にはなりません。
    再生リストを見てもらえれば分かりますが、「新作が出次第続ける」ことにします。
    そしてサブタイトルは【I can find a star】から【I will find a star】になります。

    今までは「このステージがクリアできなくても、飛ばして他のステージを先にクリアしてはいけない」という方法でプレイしましたが、次回からはその縛りを開放します。
    だって酷じゃんw

    まあ何はともあれ、12本の動画だけでしたがご覧いただきましてありがとうございました。
    nekogamesさんで新作が出次第、引き続き宜しくお願いします。



    ……12本ということは、「片腕」「ざはうす」に次いで少ない本数ですね。
    (「片腕」4本、「ざはうす」6本。ちなみに、次は「きつね」16本、「洞窟3」20本です。)

    追記
    「きつね」は17本でした。ごめんなさい。

    パズルボブルの4作品を考察

    友人が自分の実況を見て(正確には自分が作業用BGMみたく動画を流していたのをのぞいていて)パズルボブルに興味を持ったのですが、4作の違いが色々あるので、考察してみることにしました。

    長いので追記からどうぞ。
    気が向いたら時々更新します。

    こんなの書いてる暇があったら他のことをすれば良かったとも言えなくもない。


    続きを読む »

     | ホーム | 

    検索フォーム

    記事クイックジャンプ

    QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。