ゆとり理系のgdgdブログ

.com.comです。 ここでは自分の日々の思いや出来事、知識などを紹介していくブログです。

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11 管理画面

プロフィール

.com.com
Since 10/04/10

主な活動内容

  • YouTube実況者(.com.com名義)
  • YouTube実況者wiki管理人(2代目)
  • Visitors

    あなたは人目の訪問者です。 (Since 10/09/09 19:15)

    活動場所リンク

    YouTube 実況メイン
    Stickam 生配信メイン
    Twitter
    Twitter(チャンネル用)
    Justin.tv
    Ustream

    ブロとも申請フォーム

    ブログリンク

    ※★は相互リンクです。
    ※●はYouTube実況者以外のオススメブログです。(●がなければ実況者です。)
    ※*はFC2ブログでないブログ(Amebloなど)です。
    ※◆はこちらをご覧ください。
    ※2012年以降更新がないブログは最下部にまとめて畳んでいます。

    Channel Info

    チャンネルの最新情報はこちら!

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【お知らせ】Which series would you like to update frequently?

    現在編集が完了していない動画が2本あります。それが
    ・[Free Shooting Game] Let's play GENETOS! Part 8 (収録日:10/09/24)
    ・.com.comの英語講座 第2回 (音声収録日:10/10/09)
    です。

    で、思いました。
    両方編集にかなり手間がかかります。
    忙しい身分であり、他の方の動画も見たりしたいので、時間があまり取れません。

    一応予定として両方UPします。
    が、今後はどちらか一方のみ今年度重点的に更新し、どちらか一方を不定期に更新します。

    そこで、どちらがいいか投票を立てました。
    期間は11月7日いっぱいまでですが、票が入らない場合は最長14日まで延長します。

    参考までに今後の両シリーズの予定ですが、
    ・[Free Shooting Game] Let's play GENETOS! → 収録完結まで継続
    ・.com.comの英語講座 → リクエストが無い場合は第3回で打ち切る可能性有
    となっています。



    I have 2 videos that I haven't finished editing yet. They are,
    ・[Free Shooting Game] Let's play GENETOS! Part 8 (Recorded on 10/09/24)
    ・.com.com's English Lecture Lesson 2 (Voice recorded on 10/10/09)

    And, I thought, these series take much time to edit, and I don't have much time.

    I'll upload both videos eventually.
    But after that, I'll update one series more than the other one until next spring (=March 2011).

    So I made a vote.
    Due is November 7th, but if nobody votes, I'll extend it to November 14th.



    投票は終了しました。 / Vote is finished.
    スポンサーサイト

    ブログ閲覧者を笑わせてみれバトン

    面白そうなのでやってみました。


    続きを読む »

    【備忘録】gnuplotの使い方

    gnuplotを使う課題があるので、備忘録としてメモ。

    ●ダウンロード
    本家とかミラーとか見るとFTPエラーやリンク切れでかなり滅茶苦茶なので、sourceforgeの直リンクを貼り付けます。
    gnuplotをダウンロード

    展開したとき、binaryフォルダにあるgnuplotがプログラムになります。
    ショートカットを作ると便利でしょう。
    ディレクトリはC:\に置くのが無難ですが、一応自分の環境ではデスクトップにおいていても動いています。

    ●関数
    通常の四則演算や三角関数、指数関数などが使えます。
    なお、累乗はa^bを「a ** b」と表記します。

    ●データのプロット
    まず、あらかじめテキストファイルを作ります。場所はプログラム本体と同じディレクトリが便利です。
    データを入れますが、この際半角スペースまたはタブ文字を入れると別の列と認識されます。

    (例)
    0 1
    1 2
    2 4
    3 8
    4 16

    最初の列は0,1,2,……と入れますが、変えても構いません。というか、無くてもいいです。

    グラフにする際は
    plot "(データのファイル名).txt" using (xの関数):(yの関数) (相関グラフの場合)
    plot "(データのファイル名).txt" using (yの関数) (数列グラフの場合)
    とします。(拡張子が必要なので注意しましょう。)
    変数は「$(列番号)」で表記します。
    なお、関数は( )で囲まないとエラーになるので注意。

    (例)
    plot "datafile.txt" using ($1):($2)
    →上記のデータの場合、指数関数のグラフが出ます。
    plot "datafile.txt" using (2**$1):($2)
    →上記のデータの場合、直線のグラフが出ます。

    ●ラベルの付け方
    title "(表示名)"
    を付加します。
    title ""
    だとラベルが非表示になります。

    ●データを線で結ぶ
    通常の関数は不要ですが、データはデフォルトでプロットになっています。
    なので、データを線で結ぶ場合は
    with lines
    を付加します。

    (例)
    plot "datafile.txt" using ($1):($2) with lines title "y=2^x"

    都道府県名から連想バトン

    やってみたかった!
    けど……?


    続きを読む »

    今の風を感じて 相関関係図の考察

    動画はこちらになります。


    (注意:以下偽名を名乗っていた人物はその偽名を採用します。)



    エスタルカにおいて「三大貴族は『バーネット家』『ライラック家』『ジレール家』」と発言していた人がいました。
    そのため、戦後の時点で柱石を持っていたのは「レイクス=バーネット」「セイス・トレス=ライラック」「ノイエン=ジレール」ということになります。
    ゆえに、ノエルさんは柱石を所持していたし、ロバートに盗まれた柱石をセイス・トレスは追っていたわけです。
    この3人(ノエル・セイス・トレス)はいずれも正体を隠すために正式な名前を隠していたようです。

    ロバートはファーレン時代では貴族の身分でもあったため、王政復古のために活動をします。
    そのため、王族のキーとなる三柱石を揃えようとしますが、元貴族ということもあって三大貴族が誰なのかは知っていたと思われます。
    ストーリーが始まる時点ではライラック家の柱石を盗み、残り2つになります。ストーリー中では残りをレイクスとノエルが所持しています。
    そして、作中で元三大貴族の末裔であるレイクスを殺害します(レイクスはロバートが居た段階で隠し場所を教えず、後に訪れたアレイドとティナに柱石を託します)。
    もし、レイクスがPart 28での集まりで王政復古に協力していれば、殺されることにはならなかったでしょう。
    ノエルに関して、ハインはPart 75の時、ノエルが持っていたことを「知っていた」と言っていることから、何らかの形を通してロバートが教えたのでしょう(ロバート(→セレーナ)→ハイン)。



    「帝国大将と共謀の節あり」というのは、Part 19と20でアレイドたちが取り調べていたときに出てきた乗船許可証からも読み取れます。
    イディア共和国との海戦でレオン准将(ファーレン駐屯軍の司令官)が本国に召還された時、エルシールはこの一連の出来事の裏を読み取り、身分の高いクライスと共謀したのでしょう。
    エルシールがレオン准将を選ばなかったのは、副指令派の少佐が嫌っており牽制させる要素としては不十分だと考えたのだと思われます。
    そして、クライスはもともとアルティス帝国の皇族の護衛を務めていた程皇族とは密な関係だったこともあって(詳細は不明ですが、帝国軍で身分が高いのは事実、事実に関して詳しくはIndeTerminate PLUSを参照)、不穏因子を黙らせるにはもってこいの人物だと考えたのでしょう。



    関係図内で残った謎は「エルシール→ミラルド」と「エルシール→ノエル(ノイエン=ジレール)」。
    ミラルドがエルシールを嫌悪していましたが、エルシールがミラルドをどう思っているかは作中で明かされていません。
    そして、エルシールとノエルの関係は作中で一切出てきません。
    (棺桶洞イベント後にノエルがエルシールの名前をうっかり出しかけたシーンはあったため、ノエルがエルシールのことを知っていることは明らかでしたが……。)

    また、エルシールがクライスと共謀していましたが、帝国が半ば敵視しているレフィリア協会側と協力するのは、通常では考えられないことです。
    まして、王族の末裔のティナが派遣されることを知っていたとしたら、帝国側は協会側に対して強硬な態度を取っていた可能性も高いです。
    エルシールのことですからこの事実をストーリー中で語らないのは当然ですが、両者が知り合いとなった経緯も含めて考えると大きな謎になります。

    エルシールは何を企んでいたのでしょうか?
    「女神の涙」をプレイすれば、ミラルドの考えも見られるので、エルシールがミラルドをどう思うのかはある程度推測できる可能性はあります。

     | ホーム |  »

    検索フォーム

    記事クイックジャンプ

    QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。