ゆとり理系のgdgdブログ

.com.comです。 ここでは自分の日々の思いや出来事、知識などを紹介していくブログです。

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11 管理画面

プロフィール

.com.com
Since 10/04/10

主な活動内容

  • YouTube実況者(.com.com名義)
  • YouTube実況者wiki管理人(2代目)
  • Visitors

    あなたは人目の訪問者です。 (Since 10/09/09 19:15)

    活動場所リンク

    YouTube 実況メイン
    Stickam 生配信メイン
    Twitter
    Twitter(チャンネル用)
    Justin.tv
    Ustream

    ブロとも申請フォーム

    ブログリンク

    ※★は相互リンクです。
    ※●はYouTube実況者以外のオススメブログです。(●がなければ実況者です。)
    ※*はFC2ブログでないブログ(Amebloなど)です。
    ※◆はこちらをご覧ください。
    ※2012年以降更新がないブログは最下部にまとめて畳んでいます。

    Channel Info

    チャンネルの最新情報はこちら!

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    洞窟物語セリフbotから学ぶ英語表現 第8回

    洞窟物語セリフbotから学ぶ英語表現、第8回はこちら。



    対応訳
    黒い風が体を吹き抜けた。
    全ての武器のレベルが1になった!

    単語
    --


    ワンポイント
    某隠しダンジョンの冒頭のメッセージ。

    "fall""drop"は共に「落ちる」という意味がありますが、ニュアンスが違います。
    "fall"切れ目なく落ちる・だんだん落ちるというニュアンスがあり、"drop"ぼとんと落ちる・急激に落ちる・というニュアンスがあります。
    名詞の場合、"fall"という意味。水が切れ目なく落ちていく様子が表れています。
    一方の"drop"水滴という意味。ポチャンと落ちる様子がイメージできると思います。

    今回のフレーズは、武器レベルがMAXだったり3だったりした時にいきなり1になることを表現するために"drop"を使っています。
    もちろん、"fall"でも意味は通じます。
    スポンサーサイト

    洞窟物語セリフbotから学ぶ英語表現 第7回

    洞窟物語セリフbotから学ぶ英語表現、第7回はこちら。



    対応訳
    まあ、バッテリーが切れるまで
    せいぜい徘徊するこった。
     (クトゥルー)

    単語
    wander aroundうろうろする、徘徊する
    run out物を切らす・使い果たす


    ワンポイント
    タマゴ回廊のクトゥルーのセリフ。

    "wander""wonder"と似ていますが、意味も発音も全然違います。
    発音は前者は「ワンダー」、後者が「ウォヮンダー」はという感じです。
    日本語で言う「ワンダー」は、「徘徊する」という意味の単語の方が発音としては近いので注意です。
    (まあ、推測はしてくれると思いますが。)

    ここの"better"ってどういう意味なの?と思うかもしれません。
    実は"had better"の略でもありません。
    この"better"「しないよりは~した方がまだマシなんじゃない?」という嫌味を含んだ表現です。

    "had better"の省略形"'d better"と発音が極めて似ていて、置かれる場所も同じなので、聞き間違えるとアドバイスと皮肉を勘違いすることになります。
    聞き分けのポイントは、主語の直後
    ブツ切れ感があればアドバイスの"had better"、なければ皮肉の"better"です。
    前後の文脈で判断することもできますが、難しい場合は色んな文を聞いて慣れるしかないでしょう。

    洞窟物語セリフbotから学ぶ英語表現 第6回

    洞窟物語セリフbotから学ぶ英語表現、第6回はこちら。



    対応訳
    壁にかけてあったんだ。
    「ガム」って書いてある。
    きっと関係あるだろ。
    よろしく頼むぞ。少年!
     (カズマ)

    単語
    hangつるす
    be related関係がある
    somehow何かしら
    count on頼りにする


    ワンポイント
    クサムラでガムカギをもらった時のカズマのセリフ。

    count onは元々「~も数に含める」という意味で、そこから「期待する」「当てにする」「頼りにする」等の意味が出てきます。
    ニュアンスとしては、「ない」前提を考えていないといった感じです。

    "I'm counting on you."は、「君を頼りにしている」という意味で、幅広い使われ方をします。
    仕事とかで上司が「お願いね」と言ったり、どうにもならない場面で相手に「君に任せた」と頼んだり。
    ちょっと変わった使い方としては、イベントなどで是非とも来てほしい人に断られた時、「是非来てほしいと思ってたんだけど……。」と言う時に、"I was counting on you would come."なんて言い方もできます。

    洞窟物語セリフbotから学ぶ英語表現 第5回

    洞窟物語セリフbotから学ぶ英語表現、第5回はこちら。



    対応訳
    あ!
    これ…もしかして No.00 !
    この卵があれば
    この島から脱出できる!
    卵の状態は正常!
    ようし!
     (スー)

    単語
    condition状態
    get off離れる
    awsome素晴らしい


    ワンポイント
    タマゴNo.00で目が覚めたスーがタマゴに気付いたときのセリフ。

    "This is it."という表現があります。
    これは、日本語で言うと「ほら、これこれ!」「これだ!」という意味です。
    これにmustが付いた"This must be it."だと、「きっとこれに違いない!」という意味になります。
    ここでは、スーが事前にタマゴNo.00の話を(多分カズマから)聞かされていて、「きっとこれのことだ!」という意味で言っています。

    ちなみに、"That's it."という表現もあって、これは相手の出したものに対して「そう、それのこと!」という意味です。

    どれも表現はシンプルですが、結構使い勝手のいい表現です。

    洞窟物語セリフbotから学ぶ英語表現 第4回

    洞窟物語セリフbotから学ぶ英語表現、第4回はこちら。



    対応訳
    なんだって!
    トロ子がさらわれた?!
    そりゃ大変だ!!
    キングに知らせなきゃ。
     (ジャック)

    単語
    kidnap誘拐する
    inform知らせる


    ワンポイント
    またまたジャ……のセリフですたい。

    "What did you say?"は直訳すると「何て言った?」となります。
    直訳通りの意味の他に、「何だって?」という意味もあります。
    あの有名な「な、なんだってー!」の訳がまさにそれです。
    ちなみに、もっと簡単に言うと、"What?"です。1語で言えて超便利。

     | ホーム |  »

    検索フォーム

    記事クイックジャンプ

    QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。