ゆとり理系のgdgdブログ

.com.comです。 ここでは自分の日々の思いや出来事、知識などを紹介していくブログです。

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11 管理画面

プロフィール

.com.com
Since 10/04/10

主な活動内容

  • YouTube実況者(.com.com名義)
  • YouTube実況者wiki管理人(2代目)
  • Visitors

    あなたは人目の訪問者です。 (Since 10/09/09 19:15)

    活動場所リンク

    YouTube 実況メイン
    Stickam 生配信メイン
    Twitter
    Twitter(チャンネル用)
    Justin.tv
    Ustream

    ブロとも申請フォーム

    ブログリンク

    ※★は相互リンクです。
    ※●はYouTube実況者以外のオススメブログです。(●がなければ実況者です。)
    ※*はFC2ブログでないブログ(Amebloなど)です。
    ※◆はこちらをご覧ください。
    ※2012年以降更新がないブログは最下部にまとめて畳んでいます。

    Channel Info

    チャンネルの最新情報はこちら!

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    フリゲ作者に実況動画を出すことを伝えるメリット

    一度ついったでちょっと自分の中で話題になったので、書いていたことをちょっとまとめてみました。




    フリゲ作者にとってのメリットとしては、ここで述べたとおりですが、他のメリットも含めると
    ・プレイの様子が動画で伝わるので、リアルに遊んでくれた人が分かる
    ・視聴者にゲームの存在が公開されるので、作品の宣伝になる
    ・実際のゲームのプレイの様子が分かるので、ゲームの客観的な良さや改善点がすぐに見つけられる

    などがあります。

    一方実況者のメリットとしては、
    ・確実に見てくれる視聴者を獲得できる
    ・実況動画の宣伝になる可能性がある
    ・ゲーム作者とのネタバレの可能性等の具体的なやり取りが出来るので、動画公開時のトラブルが減る

    などがあります。

    あと、「例外」というのは幾つかパターンがあります。
    自分の中で決めているのは、以下のパターンです。
    ・作者の連絡先が不明もしくはやり取りが難しい場合
    ・既に公式掲示板などで実況の許可申請のケースがある程度存在する場合
    ・告知がかえって制作者の手間になると思われる場合

    この辺りはケースバイケースです。

    そんなわけで、第3期に入ってからは基本的には連絡するようにはしています。
    その方がお互いに嬉しいですしね!


    この書き方だと誤解を生みそうなので補足しておくと、「報告なしで実況動画を出していい」のがダメということではありません。あった方がいいよね、というレベルです。

    「連絡不要」や「事後連絡OK」等のケースは、フリゲ作者にとって「とにかく遊んでほしい!」というメッセージだというのがほとんどだと思っています。
    ふりーむさんにある「実況・生放送について:歓迎します」も同じような感じです。

    フリゲ作者が「とにかく遊んでほしいけど、無理強いするのも……」と思っているかもしれないですしね。
    「遊んだら感想をお願いします」なんて図々しいことをいう人なんていないでしょう。
    だったら、先回りして実況者の方から伝えてもいいんじゃないかと思うんです。



    実況者が「動画出していいか、作者に伝えるのは怖い……」と思っているかもしれないでしょう。
    僕から言わせれば「ただの思い込み」です。
    市販ゲームの作者(メーカー)と違って、フリーゲームの作者はお金が絡まない分、ネタバレよりも遊んでほしい気持ちの方が勝っている傾向がある気がします。
    ネタバレを気にするのは作者のこだわりがある部分なので、心配なら思い切って聞いてみるのがいいと思います。

    なので、フリゲ作者に「実況動画出していいですか?」と聞いたら9割9分は「嬉しいです!」「いいですよ!」と返ってくると思っていいです。
    自分が今のところ見たケースで、実況をお断りしているのはDominion's Restくらいしか見たことがありません。



    結論をまとめると、
    フリゲ作者に実況動画アップの告知を出来るだけ伝えてあげよう!
    これに尽きます。
    スポンサーサイト

    2週間後

    あの実況者wiki一斉ページ削除から2週間経ちました。
    賛否様々な意見がTwitterやこのブログでぼちぼち出て来ています。
    色々議論が出ているようですが、それらで思ったこと、それから個人的に勘違いしてほしくないと思っていることについてまとめてみます。

    この件になるとどうしてもイライラするので、強い調子で書いています。
    その点をご理解の上でご覧ください。


    続きを読む »

    狭間で揺れ動いた再出発

    結局このテーマです。申し訳ないですねぇ……。



    さて、見てください。

    YouTube実況プレイヤー@wiki

    まっさらにしました。



    本当は少し時間をかけたかったのですが、正直リアルが忙しいことも考えるとさっさと区切りを付けたかったので、適当な形でこういう風にしました。
    決めなかったことはその都度決めていけばいいよね。

    こういう風に決めた大雑把な理由はwikiの通りですが、この結果に至るまでには紆余曲折がありました。



    ●閉鎖か存続か
    前の記事を書いていた頃、wikiの閉鎖を考えていました。
    ただ、時間がたつにつれて、何とか良い方向に存続させる方法はないのかということも同時に考えていました。wikiを閉鎖して移転することも考えていたりしました。
    そして、最近方針を整理しました。

    ○閉鎖する
    利点
    ・wiki管理という負担がなくなるため、やることが減って余裕が生まれる。
    ・他のwikiが注目するようになってバッシングされる→相乗効果でwiki掲載を目的とする実況者が減る。
    欠点
    ・他の誰かが新しいwikiを作ったら、今回と同じ事態になる可能性が十分にある。

    ○存続する
    利点
    ・他の人によるwikiの乱立を防げる。
    ・影響力が結構あるために、YouTube実況界の支配が出来る。
    欠点
    ・今年が結構大変なので、早いうちに何とかしないと、ストレスで倒れることにもなりかねない。

    ○移転する
    利点
    ・クリーンな状態で再出発できる。
    欠点
    ・(アットフリークからしたら)リソースのムダ。

    ただ、これでは結論が出せませんでした。
    そこで、あることを考えました。

    ●ニコニコの実況者まとめwikiと何が違うのか?
    そこで、真面目に運営に携わる人が多い「ゲーム実況プレイ動画シリーズ@ まとめ」と比較してみました。
    見てみると、運営方針は自分の考えている方針より適当な部分が多いと感じました。

    そして、もう一つの理由に気付きました。
    それは、2ちゃんねるのスレッド引用を使っている点でした。
    これによって、実況者が運営に携わるのではなく、視聴者が運営に携わっている土壌が出来上がっていたのです。
    一方のYouTube版では、実況者が紹介したことにより、実況者主体の運営方針の色が強くなっていました。
    さらに、外部で紹介している情報を使っていないため、恣意的な編集が行われる、内輪のwikiと批判される等の弊害も起きていました。

    ●企画を発展させる
    早速勘違い(というか、つぶやいていて放置していたせいもあるのですが)があったので説明しますが、今回のリニューアルは、つぶやいていた「企画」を発展させた形です。
    企画のタイトルは「第1回 みんなで決めるオススメYouTube実況者」。どこぞのタイトルのパクリが少しあります。
    本来の企画は追記で全容を示しますので、意図について説明します。

    この企画は9月頃に立案しており、管理人を引き継いだときから形にしようと思っていました。
    企画の趣旨は、大雑把に言ってしまえば「実況者を評価しよう、そして追加された実況者もついでに掲載しちゃおう」という企画です。

    しかし、先述のニコニコ動画の実況者wikiの特徴である「外部サイトからの引用」をここでも活用できるという考えが出てきました。
    (実は当初からそのつもりで立案していたのですが、どちらかと言えば掲載の可否程度にしか考えていませんでした。)
    ニコニコ動画の実況者wikiでは、参考にしたスレッドのナンバリングを見ると100を超えています。
    なので、2~3年くらい時間をかければ、現状の負担はひとまず軽減できるし、自分の考えているwikiの運営方法に持って行けるのではないかと考えました。

    ●早いに越したことはない
    以上をまとめた上での結論は、
    ・wikiは存続させる。一番の理由は、「他の人によるwikiの乱立を防げる」こと。
    ・移転はしない。リソースのムダなので。
    ・企画を発展させる形で、時間をかけてページを追加

    という形でした。

    さらに、現状見ていても、実況者wikiの掲載を目的とする輩が多いので、芽を摘む意味でも早いに越したことはないと考えました。
    で、昨日今日で管理ブック(Excel)にいろいろまとめていたのですが、いかんせん悩みがありました。

    誰か、掲示板のテンプレート案を考えてくれ! #YouTube実況プレイヤー

    このツイートです。
    企画発展の意味では、掲示板のテンプレートが結構重要です。
    が、なかなかまとまりませんでした。

    結局性急な感じになってしまいました。
    ですが、「早いに越したことはない」と考えていたため、他のところは決めずにみんなで決めてもらおうということにしました。
    冒頭で示した「決めなかったことはその都度決めていけばいいよね。」という言葉の通りになっています。
    ですが、後になって考えてみれば、以前上げた動画にもある、「このwikiを皆さんで作っている」という意識を持たせるきっかけにもなるんじゃないかと思いました。
    何かと分かりにくい部分が多いと感じていたので。



    そんなわけで、このwikiは再出発することになりました。
    心機一転したわけですから、今度こそマトモなwikiにしていこうという決意があります。
    自分の体がもつかという懸念もありますが。


    続きを読む »

    管理人の実況者wikiに対するツイートをまとめてみた

    前に「このテーマで投稿するのも最後にしたいなあと思っています。」と言っていますが、どうも未練が無くならないようです。
    今後最低1本記事は書くつもりですが、管理人をやっている現状ではもう少しいくつか書くかもしれません。



    自分のツイートの中で、ハッシュタグ「#YouTube実況プレイヤー」が付いているツイートをまとめてみました。
    そこそこ数が多いので、各ツイートについては追記からどうぞ。
    (FC2ではツイートを直接表示できないようです。見づらいですが、ご了承ください。)
    リンクを開くのが面倒な方はこちらからどうぞ。ただし、一部抜けがあります。



    管理人をやっていて、一番辛いのは運営方針の周知が出来ていないことです。
    周知されていないからこそ、現状は変わっていません。
    その中で、色々決めていかなければいけないので、何ともしようがありません。

    現在色々緩和していっています。これに対しての反論もありました。(1件だけど。)
    ですが、今までと同じ状態では何も変わりません。
    こちらの本気度は前の管理人と比べたら高いと自負しています。
    現に、ページ削除も段階的に行う予定です。こうしているのも、何かを壊さないと先に進めないからです。
    見回りも強化(1日1回以上)していますし、問題があれば編集してもいます(週に1回、土曜日)。

    結局こうしていて何が変わるのか。
    すぐには変わらないかもしれない。
    先が見えない中でこのwikiの管理人をやっていて、どうすればいいのかを考えています。

    今のところ、マトモに書けていない実況者のページを削除することを第一段階にしています。
    著名な実況者が削除対象に含まれている以上、相当な反発が出ると予想しています。
    ですが、自分としてはこのwikiの意義を考える意味でも一つの方法だと考え、何も変化が無ければ強行的な手段に出ます。
    次は、掲載基準の強化
    当初どのランクにしようかを考えましたが、自分の中で今決めました。
    A-ランク以下を全削除。
    名指しツイートの対象+掲載されたことを動画として伝えている人(2名)を完全削除としたら、これが妥当だと感じました。
    見れば分かりますが、こうすると残るページは2ページになります。
    ちなみに、Aランク以上は、「概要文9文以上100字以上、かつ概要文説明のスコアが1.0以上」です。
    (概要文説明のスコアは、概要文の特定の説明が多い程、その他の活動や人物の説明が少ない程、高くなります。最低0、最高5です。)


    14日に反論していただいた方だと思いますが、@jikkyowiki_fuyoを今日フォローしました。
    (批判掲示板では少し苛立って強い口調で言ってしまいました。今は反省しています。申し訳ありません。m(_ _;)m)
    今までは、このwikiの状況に批判的な人がリツイートしても、結局一過性のものなので、なかなか現状を伝えきれていないのは、自分としても辛い思いがありました。
    ただ、この方は批判的なスタンスを貫いてくれると思うので、こちらとしても刺激になると期待しています。
    正直、自分一人の力では無理ですし、モチベーションが続くかどうかが分かりません。

    先週編集が少し活気づきましたが、ふたを開けてみれば何も変わっていませんでした。
    証拠が、追記にある名指しツイートと編集履歴です。
    ですが、焦りはありません。「現存するページを削除する」というカードは残しているためです。
    遅いのは仕方ないですが、周知もされていない以上遅くやっていくのが、こちらとしても負担が少なくて良いのかなと考えています。
    正直、今年中までに生き延びられるかと言ったら怪しいと言われるくらい、リアルが大変な状態なので。


    続きを読む »

    管理人としての意地

    このテーマで投稿するのも最後にしたいなあと思っています。



    さて、公式ではお知らせしていますが、非公式でもお伝えします。

    「YouTube実況プレイヤー@wiki」のリニューアルが完了しました。

    ここ3日間は徹夜続きでした。
    11日に基本プロフィール部分、12日に再生リスト、そして今日は概要文を更新し、何とか盆の期間中に作業を終えることが出来ました。
    とはいっても、完全に終わったわけではなく、これからが勝負です。
    システムが大幅に変わったので、果たしてどんな状態になるのかを今後しばらく様子を見ていかないといけません。



    さて、今回のポイントですが、詳しい中身はwikiに譲るとして、ここでは色々考えた部分について語っていきたいと思います。
    長くなるので、追記からどうぞ。


    続きを読む »

     | ホーム |  »

    検索フォーム

    記事クイックジャンプ

    QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。