ゆとり理系のgdgdブログ

.com.comです。 ここでは自分の日々の思いや出来事、知識などを紹介していくブログです。

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11 管理画面

プロフィール

.com.com
Since 10/04/10

主な活動内容

  • YouTube実況者(.com.com名義)
  • YouTube実況者wiki管理人(2代目)
  • Visitors

    あなたは人目の訪問者です。 (Since 10/09/09 19:15)

    活動場所リンク

    YouTube 実況メイン
    Stickam 生配信メイン
    Twitter
    Twitter(チャンネル用)
    Justin.tv
    Ustream

    ブロとも申請フォーム

    ブログリンク

    ※★は相互リンクです。
    ※●はYouTube実況者以外のオススメブログです。(●がなければ実況者です。)
    ※*はFC2ブログでないブログ(Amebloなど)です。
    ※◆はこちらをご覧ください。
    ※2012年以降更新がないブログは最下部にまとめて畳んでいます。

    Channel Info

    チャンネルの最新情報はこちら!

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    「ひとみち」第15回(最終回)

    今回予定を変更して、土日連続のアップとしました。
    いよいよ一本道迷宮、最後の動画です。

    【ウルフRPG】一本道迷宮をプレイ ~色が紡ぐこの世界~ Part 15-1


    【ウルフRPG】一本道迷宮をプレイ ~色が紡ぐこの世界~ Part 15-2


    【ウルフRPG】一本道迷宮をプレイ ~色が紡ぐこの世界~ Part 15-3


    【ウルフRPG】一本道迷宮をプレイ ~色が紡ぐこの世界~ Part 15-4


    【ウルフRPG】一本道迷宮をプレイ ~色が紡ぐこの世界~ Part 15-5(終)


    さて、「一本道迷宮」アナザーストーリー編、今回が最終回です。
    そして、この「一本道迷宮」のプレイも最後になります。



    いきなりボルドーに苦戦するという波乱の展開からスタートしましたが、トルテのブレイクハートとハガクレが大活躍します。
    前者は拘束付与、後者は回避率上昇なので、これらを特に使いこなしたいところです。
    結果、2回目の攻略でクリアすることが出来ました。
    ボスよりもボルドーがやはり問題ですね。



    Part 15-3で迷宮を脱出したアッシュ・ネイビー・ブラッド・ナナイロのその後の様子が明らかになります。
    中には、本編で話題にしか出なかったマロンちゃんの正体まで。
    ここでは語りませんので、詳しくは動画を見るか各自でプレイしてみてください。



    そして、レキの思惑が明らかになります。
    実は第12回のあれは繋がっていたんです。
    レキを止めるため、ラストバトルに挑みます。

    レキは赤ダンジョンLv.3ボスのボルドーと似たパターンの攻撃を持ちます。
    ただ、パターンが違ったりハイチャージの頻度が少ないので、ボルドーよりは割と対処しやすいと思います。
    今回はハガクレもあるので、ハガクレで回避率上昇しておくとやりやすいです。
    いずれにせよ、ボルドーの時と同じく虹色の薬は大量に持っていきたいところです。

    レキを倒すと、エンディング後にトゥルーエンド達成になります。



    さて、今まで15回にわたってお送りしてきた「一本道迷宮」はいかがでしたでしょうか。
    ゲーム自体は結構シンプルで、1プレイ10分程度あればプレイできる内容です。
    「一度通ったところは通れない」というルールはやや難しいかもしれませんが、慣れてくると探索が面白くなります。
    そして、ストーリーも奥深く、迷宮の探索を通じキャラクター同士の交流が少しずつ深まっていくところも魅力です。
    是非プレイしてみてはいかがでしょうか。

    今回は初の字幕実況と言う試みでしたが、個人的にはやりやすいと感じたスタイルでした。
    今後も何かしらのタイミングで字幕実況を出すかもしれません。
    その時はどうぞ宜しくお願い致します。

    以上で「一本道迷宮」のプレイは完結です。
    今までご覧いただきましてありがとうございました!
    スポンサーサイト

    「ひとみち」第14回

    アップロードの予定が変わったため、「ひとみち」のアップロードの優先順位を若干上げています。
    そのため、先週に引き続き今週もアップとなりました。



    【ウルフRPG】一本道迷宮をプレイ ~色が紡ぐこの世界~ Part 14-1



    【ウルフRPG】一本道迷宮をプレイ ~色が紡ぐこの世界~ Part 14-2





    裏ダンジョン攻略の続きです。

    出てくる敵は基本変わらないので、適当にプレイしています。
    ただ、やはりボスは作戦を間違えると苦戦しますので、表ダンジョンよりも慎重に進んでいます。

    さて今回ですが、一つ前回とは違う感じで進めています。
    それは、敵とのエンカウントを極力回避していたことです。
    難易度が高いので、数回プレイすることを覚悟するうえで、Lc達成を狙うようにしていました。
    ただ、今回偶然なのか仕様なのかよく分かりませんが、Lc達成条件が「既定歩数踏破」と「時間制限」しか出ていません。
    もう少しおまけでLv.3ダンジョンも攻略していますが、Lc達成条件で出なかったのは「敵をすべて倒す」だけでした。
    救済の可能性もあるかもしれませんが、どうなのでしょうか?
    それでも、今回3人ともLv.8スタートで2回挑戦し、ダンジョンクリア時はLv.11になったので、成長は結構早いです。



    今回のボス戦は3体セット。
    イメージは灰色ダンジョンで出てきたシリンダーの強化版だと思ってもらえればよいです。
    攻略法は、動画の通りキャロ→リンダ→ノクターンの順に倒すと楽でしょう。
    トルテでハガクレをしてからチロルで回復しつつ、被ダメージが抑えられたら一気にたたみかけると早いです。



    ダンジョン攻略の息抜きにクロウ・チロル・トルテの3人が雑談をしていました。
    この3人も迷宮に迷い込んだようですが、どうもナナイロら4人と違って結構長い間いるようです。
    彼らにも迷宮を脱出する術があるのでしょうか?
    ひょっとすると、チロルの言うようにそれは彼らにとって贅沢なのか……?



    それらが明らかになる次回、いよいよ最終回を迎えます。
    次回は5本という本実況最大ボリュームでお送りします。
    この迷宮にまつわる謎、脱出した4人のその後の様子、今回の3人の過去と運命、そしてレキの思い……これらが全て一挙に明らかになります。
    最終回も是非お楽しみに!

    おまけ
    解析してみたところ、Lc達成条件は迷宮レベルで変わります。表裏とも共通です。
    ・Lv.1:10歩以上歩く、宝箱をすべて取る、敵をすべて倒す、残りタイム1/4
    ・Lv.2:10~20歩以上歩く、残りタイム1/4~1/2
    ・Lv.3:20~30歩以上歩く、宝箱をすべて取る、敵をすべて倒す、残りタイム1/2、シンボル全通過
    なので、上で書いたLv.2ダンジョンのLc達成条件は仕様でした。

    「ひとみち」第13回

    先日の「ひとみち」です。
    今後は2週間に1回にアップする予定ですが、「かしわもち」の未編集が溜まり過ぎているので状況次第ではペースが落ちるかもしれません。



    【ウルフRPG】一本道迷宮をプレイ ~色が紡ぐこの世界~ Part 13-1


    【ウルフRPG】一本道迷宮をプレイ ~色が紡ぐこの世界~ Part 13-2




    今回から3回はアナザーストーリーに入ります。
    一本道迷宮の裏側、迷宮の終焉を描いた物語です。
    このストーリーはVer.2から追加になった内容です。



    まずこのストーリーを読むための条件ですが、詳しくは作者のサイトにありますのでそちらをご参照ください。
    実をいうと、今回の収録の際にその条件をすっかり忘れ、セーブデータをリセットしてしまうという事態を起こしてしまいました。
    条件を満たせないと、グッドエンド達成後アナザーストーリーに行かず、データがすべてリセットされて2周目に入ります。
    幸い、第12回の収録前のセーブデータのバックアップを取っていたので事なきを得ましたが、それをしていなかったと思うと恐ろしいです。



    さて、このアナザーストーリーに関しての説明です。
    基本的にはメインストーリーとゲームシステムについては同じです。
    データもメインストーリーのものが引き継がれるので、メインストーリーで4人が使っていた装備をそのまま使うこともできます。(個人専用装備は無理ですが。)

    ただ、当然違いも一部あります。

    ・主人公はクロウ、チロル、トルテの3人で、組み合わせは固定
    ・キャパシティのセットは出来ない
    ・リーダーの概念がない
    ・出てくるダンジョンのフロアは4色(緑青赤灰)のランダム
    ・出てくる敵は、メインのダンジョンの雑魚敵セットまたはボス(登場する敵はフロアの色に依存)
    ・Lc報酬は経験値固定
    ・ボス戦リトライが不可能


    1つずつ順番に見ていきます。

    ・主人公はクロウ、チロル、トルテの3人で、組み合わせは固定
    この組み合わせは固定で、任意に組み替えることはできません。
    その代わり友好度の概念がありません。
    (厳密にはありますが、ダンジョンクリアと同義のため、ほぼ意味はありません。)

    ・キャパシティのセットは出来ない
    今まで使えたキャパシティが全て使えなくなります。
    「スコアボーナス」「タイム減少遅」「経験値ボーナス」「特定の宝箱出現率上昇」「トラップ回避」等が使えなくなります。
    特に、「タイム減少遅」「トラップ回避」に頼り切っていた場合は注意が必要です。

    ・リーダーの概念がない
    クロウがパーティーの先頭になりますが、クロウが気絶しても攻略を続行できます。
    このため、攻略失敗の条件は「行き詰まる」「タイムアップ」「全滅」のいずれかになります。(「リーダー死亡」が無くなります。)

    ・出てくるダンジョンのフロアは4色(緑青赤灰)のランダム
    色んな敵が出てきます。それだけです。

    ・出てくる敵は、メインのダンジョンの雑魚敵セットまたはボス(登場する敵はフロアの色に依存)
    ・Lc報酬は経験値固定

    メインストーリーで彼らが絡むのはLv.1ダンジョンだけなので、必然的に弱い状態です。
    なので、経験値稼ぎがしやすいよう救済措置が取られています。

    ・ボス戦リトライが不可能
    メインストーリーではボス戦で全滅してもリトライできましたが、このストーリーではボス戦で全滅すると入口からやり直しになります。



    さて、レキが最後に出てきましたが、何かの企みがあるような感じがします。
    一体レキは何を望んでいるのか?そして、「何度でも繰り返す」の意味とは?
    謎が多いですが、少しずつ明らかになっていきます。
    次回もどうぞお楽しみに。

    「ひとみち」第12回

    さて、先週アップした「ひとみち」の続きです。



    【ウルフRPG】一本道迷宮をプレイ ~色が紡ぐこの世界~ Part 12




    前回はバッドエンドという結果に終わってしまいました。
    今回は、グッドエンドを目指していきます。
    詳細は動画の通りですし、予測はしやすいと思うので、割愛します。
    ちなみに、Ver.1も条件としてはほぼ同じです。



    ラスボス再戦ですが、動画の通り迷宮入口の上の通路を進んでいくと、ラストダンジョンを省略できます。
    ちなみに、プレイ時にはこの事実を完全に忘れていました。
    もちろんラストダンジョンに再び挑むことも可能なので、経験値やアイテム、スコアを稼ぎたい場合は、もう一度挑んでも良いでしょう。



    さて、グッドエンドを迎えてめでたく完結……と思いきや、あのガラクタになっていた3人が人間の姿に?!
    そして、今までそっけない感じでヒントを出していたレキが迷宮に残されました。
    どうやら、この話はもう少し続くようです……。

    「ひとみち」第11回

    ようやく自分の中で少し落ち着きそうな雰囲気が漂いつつあります。
    目処が立ったら現況報告しようかなと思っています。



    さて、先週動画を上げましたので、また後語りです。

    【ウルフRPG】一本道迷宮をプレイ ~色が紡ぐこの世界~ Part 11





    さて、今回はいよいよラストダンジョンに挑みます。

    ラストダンジョンの特徴は、Lcの達成が必須になっているということ。
    これはVer.1時代からの名残でもあります。
    条件は「マップを半数以上歩く」固定です。
    Lc未達の場合、強制的にゲームオーバーになるので注意が必要です。
    カテゴリは既定歩数踏破なので、達成はしやすいはずです。

    リーダーはダンジョン突入時に操作していたキャラクターになります。
    4人になったとはいえ、リーダー死亡時はゲームオーバーなので注意しましょう。
    冒頭にちゃっかりやった通りキャパシティ「リーダー死亡キャンセル」があれば安心かもしれません。

    最上階にはラスボスが控えています。
    体力が他のボスと比べて圧倒的に高く、威力の高い技も使ってくるので、長期戦は必至です。
    キャラクターの特性や装備をしっかり踏まえて挑みましょう。4人になったので何かと融通はききやすいと思います。



    しかし、今回のラスボスの後はバッドエンドを迎えてしまいました。
    次回は、グッドエンドを迎える方法を考えていきたいと思います。

     | ホーム |  »

    検索フォーム

    記事クイックジャンプ

    QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。